Photoshopデザイナーの手にかかると誰でも痩せて美人になれる(イメージ変身1)

左の女性A子さん、元々チャームな可愛さがありますよね。では右のA子さんはどうですか?

右は左の写真を私が編集した後の写真です。

現代人は見た目で勝負!Photoshopデザイナーの手にかかると誰でも痩せて美人になれます。

もう一度上と同じ画像です。左がBEFORE、編集前の元画像。右がAFTER、編集後の同一人物A子さんの画像です。

photoshopでイメージ変身。ビフォーアフター

SNSでは「他人の写真を使う」のは禁じられていて「本人の写真を使う」ようにルールづけられていますが、SNSプロフィール写真をペットの写真やインテリアの写真、趣味の写真などで代用してる人も多く見かけます。

本人の写真じゃなくてもアカウント削除もされていません。

つまりSNSで使用するプロフィール写真は、本人であれば、痩せても、太っても、メイクしても、メイクしなくても、利用制限はかけられていないと考えられるのです。

A子さんに、先にメイクの練習だけを特訓して、マスターしてもらうとこうなります。

このA子さん、太ったままでも、元々可愛い顔立ちですから、メイクに手をかければ、このくらいには可愛くなれます。

photoshopでイメージ変身。ビフォーアフター

問題は誰もが苦労するダイエットですね。でもとにかくプロフィール写真という理想の自分がいますから、がんばって!

これでいかがですか?

プロフィール写真の自分に追いつこうとダイエットが成功するとこうなります。

こちらがBEFORE

photoshopでイメージ変身。ビフォーアフター

こちらがAFTER

photoshopでイメージ変身。ビフォーアフター

メイクの練習期間に、その合間にダイエットも同時に行って、だいたい10kgくらい痩せるとこうなりますよね。つまり綺麗な自分イメージの先取りです。

これはプロフィール写真という理想の先取り自分がいて、その姿がはっきりしているので、イメージが湧きやすく、追いつきやすいというメリットがあるため。

10kgぐらい誰でも痩せたり、リバウンドしたりする事はありますが、そのたびにプロフィール写真を変えたりはしていないです。だったらプロフィール写真には、先取りした自分写真を使い、目標へのモチベーションを上げてはいかがですか?

特に美容系など仕事に「キレイ」が今すぐ必要な人は、先にPhotoshopデザイナーにお任せした方が早いです。

photoshopでイメージ変身。ビフォーアフター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. Web Design 3.0への流れ Web Design 2.0とWeb Design…
  2. Macスリープ再起動エラーがおこった環境 スリープ再起動エラーメッセージの内容 スリ…
  3. 2020年もすばらしい年になるはずでした。もう半年以上が過ぎました。2020年のお正月はいつも通り、…
  4. 決済文書に押印するために出社しなければならない国電子印鑑は、Photoshopでこんなに簡単に…
  5. 最終デットラインはあと数日今年2020年2月末までくらいです SSL対応していないと何が…
PAGE TOP