UXに精通した UIデザイナーのグラフィックパターン

更新日 2020年12月15日

UXに精通した UIデザイナーのグラフィックパターン事例です。

UX(User Experience)は、ユーザーにウェブで心地よい体験をしていただくための概念です。

またUXとは別に、こういうパターン使用などUI(User Interface)でのグラフィック製作にて、

UXの知識をふまえた上で、UIの設計段階から意識してグラフィックを作成している、

そういう Webデザイナーを厳密に UIデザイナーと呼んでいます。

なおUXとUIの違いを知りたい方は、「UIとUXを混同してる人が多すぎる」を書いたので参考にどうぞ。

またUXデザインって何ですか?の方が細かくわかります。
 

Photoshopで作ったUIデザイナーのグラフィックパターン。

実際に製作したメンズアパレルサイトでのパターングラフィックスの例です。

関連コンテンツのために、パターンで製作しました。

UXに精通した UIデザイナーのグラフィックパターン

このグラフィックは右固定で左だけ変化していくパターングラフィックです。

UXに精通した UIデザイナーのグラフィックパターン

UXに精通した UIデザイナーのグラフィックパターン

こういうパターングラフィックは、ある関連した内容を見てほしい時、

その関連コンテンツという事がひと目で識別できます。

パターングラフィックの製作は、下記のような感じで、Photosohp のレイヤー操作で行っています。

UXに精通した UIデザイナーのグラフィックパターン

ピックアップ記事

  1. GAFAMAからの脱出(1)その心模様
    ビッグテックともよばれているGAFAM(Google,Amazon,Facebook…
  2. 混在コンテンツmixed contentsを改良する方法
    混在コンテンツとは、どういう意味ですか?混在コンテンツ(Mixed contents)とは、一つ…
  3. 目次 前準備のバックアップと注意点 英語の説明を翻訳してよく読み理解する ステップごと…
  4. 目次 Webデザイナーが初めて知る「MariaDB」という名前 MariaDBって何ですか…
  5. 目次Web Design 3.0への流れWeb Design 2.0とWeb Design 3…
PAGE TOP