SNS用カバー制作。Facebook・Twitter・Instagramにプロカバーで差をつける

更新 2021/06/24

FacebookやTwitter、インスタなどのSNSではかっこいいカバーで差をつけよう

SNS用カバー制作します。Facebook・Twitter・Instagramにプロカバーで差をつける。

ブログでもSNSでも事業のブランディングを一発で表現してしまうカバー画像の制作です。
アマチュアだった時は気にならなかった画像の精度、
それがプロとのスキルの差だと気づくまでにあまり時間はかかりません。

小さなロゴ一つでも洗練度がまったく違ってしまいます。

以前のこのポートフォリオサイトのヘッダー画像は、最初はテーマ付属のをそのまま使っていたのですが、
自分で制作したオリジナルに変更したのが上記です。

現在、私のFacebook個人ページのカバーとして使用しています。

よかったらのぞいてみて下さい。私の場合、友達申請パスの条件は2つあって、職業がはっきり明記してある事。同業者などウェブの話の通じる人、開発者、経営者は歓迎です。顔写真も当然本物を載せた人。たったこの2つの条件もパスしない方からの友達申請が多く、半分以上「友達申請を削除」せざるをえない事が多いです。

カバー画像だけで、あなたの特別感をブランディング演出できます

重要なブランディング&イメージ画像は、実際にシステムに載せた時の配置とバランスも重要です。

以前のテーマの場合、テーマ仕様によるテキスト部分が2箇所、画像の上に挿入されましたで、そこを計算し、下記3パターンを作ってみました。

1案: 【テキスト部分がはいる前の画像】

SNS用カバー制作します。Facebook・Twitter・Instagramにプロカバーで差をつける。

1案: 【実際ウェブで表示された時】

SNS用カバー制作します。Facebook・Twitter・Instagramにプロカバーで差をつける。

2案: 【テキスト部分がはいる前の画像】

SNS用カバー制作します。Facebook・Twitter・Instagramにプロカバーで差をつける。

2案: 【実際ウェブで表示された時】

SNS用カバー制作します。Facebook・Twitter・Instagramにプロカバーで差をつける。

実際にウェブ表示された時のバランスを考えて、結局下の3案に決めました。

3案: 【テキスト部分がはいる前の画像】

SNS用カバー制作します。Facebook・Twitter・Instagramにプロカバーで差をつける。

1案から順に微調整していって、結局一番最後の3案になりました。

● 制作期間: 素材の選択から含め、他の仕事と平行して2~3日。

● 担当した制作: 一人で全て行いました。

● 制作費: 3万

SNS用カバー制作します。Facebook・Twitter・Instagramにプロカバーで差をつける。

ピックアップ記事

  1. 【用語を解説します】LPとはランディングページ(販売促進用の全幅なウェブページ)の事です。ブラン…
  2. GAFAMAからの脱出
    目次そもそもGAFAMって何ですか?GAFAMAから脱出するきっかけは何があったんですか?な…
  3. 目次 Webデザイナーが初めて知る「MariaDB」という名前 MariaDBって何ですか…
  4. 目次Web Design 3.0への流れWeb Design 2.0とWeb Design 3…
  5. 個人と大企業が互角の舞台はWebだけ
    目次 個人と大企業が互角の舞台はWebだけ 齋藤天津子のビジョン 齋藤天津子のバリュー…
Web制作の流れ
PAGE TOP