WordPressカスタムフィールド表示のために PHPをカスタマイズする

PHPをカスタマイズする

 
クライアント案件で記事投稿に本文以外に、別の欄を追加で入れたい時があります。

この場合は、single.phpに手を加えてカスタマイズする高度な作業を行います。

カスタムフィールドの表示・非表示切替設定で、特別な欄を作る方法。

ワードプレスサイトに新規のカスタムフィールドを作成し、投稿記事の表示/非表示を
切り替える方法です。テーマにないいろいろな欄を作成する事が可能です。

このページの一番下に表示させている画像は、投稿記事の一番下の位置に、single.phpに、
phpカスタマイズを行い表示できました。

これには4つの作業が必要です。

  • カスタムフィールドを新規に作成させるプラグインをインストールして稼動させる
  • カスタムフィールドポストを管理するためのプラグインをインストールした
  • カスタムフィールドが編集画面で確認できたら、投稿記事により必要な画像をアップする
  • single.phpにカスタムフィールドを表示させるためのphpソースを貼り付ける

カスタムフィールドを作成するためのプラグインとは、Custom Post Type Permalinksです。

カスタムフィールドの管理プラグインとは、Custom Post Type UI です。

いずれもインストールして有効化すれば特に、デフォルトの設定のままでいいのですが、
カスタムフィールド>フィールドグループを編集 で、記述しているフィールド名を、
追加するphpソースの中のフィールド名と統一しておく必要があります。今回のフィールド名は、
「imgup」です。これが違っていると表示されません。

ソースを貼り付ける場所はどこ?

一番難解なのは、single.phpの書き換え、ソースの追加です。カスタムフィールドを表示
させるソースはこれです。

【AFTER】

 

single.phpの中のどこに貼り付けるかというのは、どの位置にカスタムフィールドを表示
させたいのか?表示させたい位置に貼り付けます。今回は、投稿postの中の一番下の位置に
貼り付けました。その部分のコードはこうなります。

【こちらがBEFORE】
つまりループの中に貼り付けるとうまくいきました。

ピックアップ記事

  1. 個人と大企業が互角の舞台はWebだけ
    ・ 個人と大企業が互角の舞台はWebだけ ・ 齋藤天津子のビジョン ・ 齋藤天津子…
  2. ・ UXデザインって何ですか? ・ なぜUXデザイナーが注目されているのですか? …
  3. ・ 大事な履歴書用写真なのに、その辺にある適当な写真を使ってませんか? ・ 履歴書用写…
PAGE TOP