UpdraftPlusサイトバックアップの自動化エラーを解決

UpdraftPlusサイトバックアップの自動化エラーを解決した。

WordPressウェブサイトにおけるサイト丸ごとバックアップの自動化は、

UpdraftPlus Backupsというプラグインで完全に自動化できるのですが、

あるウェブサイトのバックアップがエラーになるこのようなエラー症状が数日前からおこっていました。

UpdraftPlusサイトバックアップの自動化エラーを解決

バックエラーが途中で止まってしまうエラーの内容。

上の画像のように、バックアップ中に「バックアップのzipファイルを作成中」のインジケーターが

止まったように遅くなり、バックアップが進まなくなるというエラーが発生した。

エラーログを調べても原因がわからず、日本語の解決策が少なく原因がわからない。

解決のきっかけは英語のサポートサイトを検索して似た内容を見つけてやっと解決策がわかりました。

数日後、下記の方法で改善した備忘録です。

どうやって解決できたのか?

UpdraftPlusサイトバックアップの自動化エラーを解決

上図で左の「設定」にて、UpdraftPlusのこの画面が開き、真ん中あたりにあるタブ切り替えから「上級ツール」をクリックする、すると上図のような表示の中で、エクスポート/インポート設定の下に「設定を消去」があり、その右側の列の一番下「Reset tour」をクリックする。

まとめると、

設定>UpdraftPlus>上級ツール>「Reset tour」をクリック

この直後もう一度「今すぐバックアップ」を行ったら、順調にバックアップできて解決しました。

参考事項

参考事項として「Reset tour」の上にある「設定を消去」を「Reset tour」の前にクリックしても、エラーは解決できずそのままでした。

その前に一旦このプラグインを停止>削除>再インストールしても、同様にエラーのまま解決しませんでした。

これでもしかしたらスケジューリングも解除されている可能性もあるかもしれないので、継続調査中です。

追記事項

上で調査中だった【スケジューリング】がその後どうなったか、上の解決策でうまくいったのかいかなかったのかを追記します。

上の解決策を2つのウェブサイトで検証したところ、

2つとも、設定してあった通りのスケジュールで、指定したバックアップがとれていました。

つまり、・設定>UpdraftPlus>設定>
に指定した通りの日程と保存数が指定したDropboxに自動でバックアップがとれていたわけです。

その後も自動で順調にバックアップがとれ続けているので、この解決策使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. Web Design 3.0への流れ Web Design 2.0とWeb Design…
  2. Macスリープ再起動エラーがおこった環境 スリープ再起動エラーメッセージの内容 スリ…
  3. 2020年もすばらしい年になるはずでした。もう半年以上が過ぎました。2020年のお正月はいつも通り、…
  4. 決済文書に押印するために出社しなければならない国電子印鑑は、Photoshopでこんなに簡単に…
  5. 最終デットラインはあと数日今年2020年2月末までくらいです SSL対応していないと何が…
PAGE TOP