WordPressで新サイト制作の前にやる必須事項あります

新規ウェブサイトの制作を依頼したい方のために、制作前の概要をまとめました

「概要って知っておいた方がいいんですか?」と聞かれそうですが、その通りです。
丸投げしたいお気持ちはわかりますし、丸投げでお受けするのはもちろんなのですが、もしお客様が
シンプルなプロセスだけでもわかっていたら、その知識の量に応じて、制作側は下手なお見積もりを
出せなくなるからです。つまり知識はコストやサービスに反映していく事につながります。

新規ウェブ制作の前準備は、こんなに大変です

これは私がよく使っているValue Domeinでの場合です。

「どこにウェブ制作があるんですか?」と聞かれそうですけど、
これはまだウェブ制作の前準備の一段階です。一段階だけでこれだけの作業が必要となります。

お客様にとって重要なのは、ドメインとサーバー代はお客様が支払うという点だと思います。
つまりこれは実費で、自社名義でカード決済していただくところです。

ウェブサイトを公開するには、サーバー、つまり家を建てる時の土地にあたるスペースを借りるわけです。
ドメインも借りますが、ドメインがいわば住所(URL)にあたります。

参考までにこのウェブサイトの場合、Value Domeinを使っていて、当初その系列でサーバーもそのまま
xreaでしかも最初は無料でやっていたら、広告が表示されて「うざい!」って感じだったので、
せっかくのポートフォリオサイトに、明らかな広告があったら興ざめですから、有料に切り替えて運用
していました。1年間で3000円くらい。ドメインと一緒では約5000円くらいの安さでした。

ところが最近テーマを変更して、内容を更新していったら、とにかくサーバーが遅いんです。
もう遅くて、遅くて作業がはかどらずイライラ。その時「そう言えばサーバーもSSDのプラン出てきたよね」
と気づき、とあるサーバーのSSDのプランに変更しました。おかげで更新もスイスイ進むようになりました。
価格は2倍くらいでおさまりました。サーバーの話はこれくらいにして、前準備にはまだ次の2段階があります。
ワードプレスのインストールです。

前準備がすんだら、サーバーにワードプレスを新規インストールします

ワードプレスを新規インストールしないとウェブ制作ができません。
ワードプレスとはPCで言えば、いわばOSにあたるCMSの一つです。
今回の新規インストールは、前回ブログを作った時とは違った、難所がありましたので、
備忘録残しておきます。

前回のインストールはこのやり方でした。 → 前回のワードプレス新規インストールのやり方

今回は先生の解説通りのやり方で、wp-config-sample.php を4箇所書き換える方式です

001

 
 

参考: http://akonomunon.hatenablog.com/entry/2014/07/08/200333

上記の赤い4箇所を変更したら、ファイル名を「wp-config.php」にして別名で保存。

そこまではうまくいったのですが、サーバーにアップロードしてから、設定画面にはいれなくて苦労しました。
最終的にはうまくできたのですが、いくつかポイントがありました。

【アクセスできなかった原因】

🔴 一時的にパーミッションを変える。
🔴 独自ドメインの設定後すぐだと反映されず、サーバー配布のurlでアクセスし設定する。
🔴 wp-config-sample.phpを、wp-config.phpに書き直してからは、設定ファイルは、
前回の/wp-admin/setup-config.phpではなくて、/wp-admin/install.phpにアクセスしないと進めない。

000

 

これで前準備が全部すみました。この先がやっとウェブ制作になります

ピックアップ記事

  1. ・ UXデザインって何ですか? ・ なぜUXデザイナーが注目されているのですか? …
  2. ・ 大事な履歴書用写真なのに、その辺にある適当な写真を使ってませんか? ・ 履歴書用写…
  3. ・ 一般人がインスタ映えしたいなら、欠かせない適度盛りのプロフィール画像はこれ! ・ …
PAGE TOP