WindowsとMacのハードウェアサポート窓口と費用

WindowsとMacのハードウェアサポートの詳細について

パソコンの不具合が起こった時に、克服する手立てを持っていないと、いつまで経ってもPCがうまくなりません。
以下はハードウェアトラブルにおける、PCサポートの現状やその関連内容です。興味ある方に役立ちます。

マイクロソフトにはインシデント制のサポート窓口があります

WindowsパソコンのOS、Windowsの制作会社マイクロソフトには、Windows使用者のためのサポート窓口が用意されています。法人対象には特に手厚く、ライセンス数などに応じての有償プランでの対応があります。当然かなり高額です。

個人用にも窓口はひっそりとあり、有償でインシデント制をとっています。
インシデント制とは、1件の問題の解決について、いくらとの価格になっています。
この価格には2種類があり、一般的な問題(操作など)とそれ以上の複雑な問題に別れています。
確か、一般が1件税込5千円弱。複雑な問題は1件税込2万円弱だった記憶があります。(現在価格は確認要)

私もWindows習いたての頃、この個人向きインシデントを数回活用して、
自分ではどうしても解決できない問題をクリア解決して来ました。
1件5千円ですむなら、その方が私にとっては安上がりで助かったからです。

しかし、ある時またトラブルが起こり、上の窓口に相談すると、
その問題が一般的な問題ではなく、上位の複雑な問題にあてはまると言われました。1件2万円です。
個人としてはそこまで費用をかける必要がなかったので、相談をとりやめました。

それ以来マイクロソフトのインシデント制にはお世話になっていません。
それほど深くWindowsPCにかかわらなくなったからです。

なぜなら メインPCをiMacに切り替えたからです。

なぜメインPCをiMacに変えたのか

メインPCをMacに変えたのは理由があります

大きな理由

・ 私の仕事、ウェブ制作に必要なグラフィック制作のソフトウェアはMacに相性がいい。
ウェブデザイナー初め、プロのクリエイターが使うのはMacが定番でそれは使いやすいからです。
・ パソコンとしての性能がWindowsよりMacが高品質である。
もう業界では常識で、業界人は皆知ってる事ですが、パソコンとしての性能がWindowsよりMacの質が高いです。
これはパソコントラブルが少ない事を意味しています。Macを使うとソフトウェア系のトラブルはほぼないです。
・ Macの方がトラブルが少ない理由は、
機械本体とOS、主なソフトウェアが同一社(Apple)の製造だからです。
Windowsのように、
機械本体はNEC、
OSはマイクロソフト、
例えば会計ソフトの弥生会計はインテュイット等と3つに別れてません。
「それはハードウェアのトラブルですから、当社のサポート外です。メーカーにお聞きください。」
「それはOSに関するトラブルですから、当社のサポート外です。マイクロソフトにお聞きください。」
「それはソフトウェアのトラブルですから、当社のサポート外です。ソフトウェアサポートにお聞きください。」

誰もが経験ある上のようなたらい回しは、Macにはほとんどありません。だって3つともApple製だから。
そしてサポートがすぐつながる。すぐ返事がくる。
だからパソコントラブルに関するWindowsで経験する多くのトラブルがMacではほとんどなくなります。
・ デメリットは、PC買う時にWindowsの1.5倍くらいの価格という点。でもこれもOSのバージョンアップが無料
なので相殺されると私は感じます。例えばWindows7をWindows8.1にしたい時、本体スペックが該当していれば
それは可能なのですが、Windows8.1は購入する事になります。○万円とかです。
Macでは本体スペックが該当していればOSの全てのバージョンアップは無料です。

しかしそもそもWindowsノートではOSのバージョンアップはトラブルの原因なのでしない方が安全です。
Windowsノートは購入時のOS用に作られているからです。そしてバージョンアップ後はサポート外になります。

Macノートではスペックが対応していれば、バージョンアップ無料。購入時にアップルケアにはいっていれば
無料でハードウェアの修理も行ってくれます。

パソコンに自信がない人ほどMacを使った方が絶対元が取れます

なにを隠そう、以前私ヒューレットパッカードの法人営業をやっていたので、当然Windowsの申し子でした。
私のPC力は全てWindowsで培われたものです。今だから言えるけど、その分、苦労が多かったです。
その苦労は無駄にはなってはいないのですが、WindowsのPC道は難儀なのは事実なのです。

でもウェブデザイナーになってからは、Macの質の高さを思い知らされ、はっきりわかったのです。

最初買う時高くても、初心者ほどプライベートはMacだけの生活をした方がいいと。
特にネットとSNSやメールくらいしか使わない人は、トラブルが少なく、楽にITの成長ができるから、
PCで苦労している人の気持ちがわからないくらいMacでは快適なパソコンライフができます。

ピックアップ記事

  1. ・ UXデザインって何ですか? ・ なぜUXデザイナーが注目されているのですか? …
  2. ・ 大事な履歴書用写真なのに、その辺にある適当な写真を使ってませんか? ・ 履歴書用写…
  3. ・ 一般人がインスタ映えしたいなら、欠かせない適度盛りのプロフィール画像はこれ! ・ …
PAGE TOP