自分ドメインで既存ブログを使う法☆コスト削減の個人ブログ

(この記事は投稿から日にちが経過しているため、内容が古い可能性があります)

自分ドメインで既存ブログを使う法☆コスト削減の社長ブログ

自社ドメインの会社サイトとは別に、自分のブランディングサイトを持つ事は、強みになります。

ネット上で人物像をリサーチされる事もあるからです。そこで自分ドメインを取得:

例えば社長の個人名、田中清だったら、kiyoshitanaka.com でドメインを取得します。

同姓同名の方で、同じ考えの方がいたら、希望のドメイン名はもうない可能性もありますが、

kiyoshitanaka.comがもう取れなかったら、一字違いの kiyositanaka.comなら取れるかもしれません。

そういう工夫でドメインを取得したら、そのドメインで会社サイトとは一味違う、社長個人のブランディング

サイトを制作できます。これはブログとは別に作る方法もありますが、ブログの代わりに作ることもできます。

この自分ドメインサイトをFacebookやTwitterと連携させ、アクセスを集めながら、自社サイトにつなげます。

オンライン上で回遊できる仕組みを構築するのです。

ここまでやると、「この人って、オフにはいるけど、オンには全然出てこないね。」なんて言われなくなります。

売り込みたい自社サービスがあったら、その表も裏もオンラインで事前調査されます。

たかが中小企業でも、そこに影も形もなかったら、ITに弱い会社だと判断されかねません。

もし社長個人が自分ドメインを取得して、社長のブランディングブログに力を入れていたとしたら、

たとえ投稿を秘書がしていたとしても、日々の社長の動向が生き生きと伝わり、社長ブログにより、

「ITにできる人」「ITに強い会社」だという雰囲気が、黙っていても形成されていくのです。

無料ブログプラットフォームを自分ドメインで運営できるブログはこれ!

以下がブログに自社ドメインをあてはめて運営できる既存の無料ブログプラットフォームです。

● Seesaa ブログ
パソコン、携帯、スマートフォンから楽しめるブログ作成サービス。Twitter・FacebookなどSNSへの投稿や、独自ドメイン、デザインカスタマイズなどなど無料で使える機能が充実。

● Blogger
Googleが提供するブログサービス。デザインはスッキリ。機能は豊富。

● 忍者ブログ

自分のブログが上記なら、早速自分ドメインを当てはめる事ができます。

手間がかかる分一度やったらドメイン料年1000円程度で、ブログはずっと無料で使用でき、
しかも、ブログシステムのサポートはブログ会社が無料で対応しています。
自社ウェブサイトのように、システム保持に労力が不要なのです。

Seesaa ブログで実際にやってみました。

上の3つの中でおすすめはSeesaa ブログです。
では、Seesaa ブログを使った、自分ドメインのブランディングサイトの概要をおみせします。

左上にSeesaa ブログの記載がありますね。この一行でSeesaa ブログを使っているとわかります。

自分ドメインで既存ブログを使う法☆コスト削減の個人ブログ

URLも自分ドメインで、それ以外はSeesaa ブログとは気づかないくらいのデザインに仕上がっています。

このブランディングブログの場合、デザインのテーマはSeesaa ブログに対応した、
HTML&CSSのテーマを使用しています。

興味のある方は私にお声をおかけ下さい。

ピックアップ記事

  1. 個人と大企業が互角の舞台はWebだけ
    ・ 個人と大企業が互角の舞台はWebだけ ・ 齋藤天津子のビジョン ・ 齋藤天津子…
  2. ・ UXデザインって何ですか? ・ なぜUXデザイナーが注目されているのですか? …
  3. ・ 大事な履歴書用写真なのに、その辺にある適当な写真を使ってませんか? ・ 履歴書用写…
PAGE TOP