DTPやるならモニターキャリブレーションをモノにすること

モニターキャリブレーションって何ですか?

Photoshopの授業中、先生がトーンカーブのところで、

「DTPの仕事をする人はモニター調整をきちんとやらなくちゃいけない。

それをキャリブレーションという」って、一言おっしゃったんです。

私はその「キャリブレーション」というプロ用語を、見逃しませんでした。(笑)

キャリブレーションというのは、、、

その時先生は「以前はアドビガンマという古いけど、そんなソフト使ってた」そうです。

それで☆キャリブレーション★をモノにしょうと思い、自宅でちょっと調べてみたところ。。。

プロのDTP屋さんが使う、キャリブレーションのツールとソフトはこんなもののようです。

パソコンのディスプレイの色味を高速調節できる
カラーキャリブレーションツール「i1Display Pro」を使ってみました

このサイトで紹介されているツールの場合、25000円くらいですが、

使用前と使用後のモニター写りはかなり違っていて、

使用前の青みがかった画面が、使用後には明るくみやすくなっています。

もちろんDTPではなく、ウェブデザインをメインに仕事するのであれば、

そこまでしなくてもいい、という基準はあるとのお話でした。

それでツールは使わないなら、何か別に方法があるんですか?

ではキャリブレーションツール使わないならどうするんですか?ってわけで、

面白い関連サイトを一つ見つけました。
Windows 7のカラーキャリブレーション機能を使う

私のVaioはWindows7ですから、ちょうどいいと思い、早速この通りやってみました。

Windows7の「DCCW.EXE」という機能についてです。

モニターのメニューから色調整はいつもやってる事ですが、この灰色の画面は初めて見ました。

まさかWindowsにこういう機能があったなんて。。

実際にやったところ、本当にこの通りの画面が出ました!

それで手順の通り、一つずつ調整しながら「次へ」をクリックして進みました。

面白い事にこのウイザードはデュアルモニターの外部モニターまで、それぞれ別に、

表示を調整する機能がありました。

だからVaioにつけてるNECの外付けモニターまで別々に調整できました。実際にやってみて、一番色が違っていたのは、

最後のカラーバランス調整で、調整前はグレーの色みが相当違って表示されてました。

だからウイザート通りに調整して結構よかったはずですが、並べて見れないので、

見た目ではあまりわからない感じがするのでキャプチャーを撮っておいた方がいいです。

これでクライアントにデモする時、モニター色の時には、キャリブレーション★とプロ語で話ができます。
私はやらないですが、しかしDTPもやるなら、これはかなり大変な専門知識についての話です。

ピックアップ記事

  1. 個人と大企業が互角の舞台はWebだけ
    ・ 個人と大企業が互角の舞台はWebだけ ・ 齋藤天津子のビジョン ・ 齋藤天津子…
  2. ・ UXデザインって何ですか? ・ なぜUXデザイナーが注目されているのですか? …
  3. ・ 大事な履歴書用写真なのに、その辺にある適当な写真を使ってませんか? ・ 履歴書用写…
PAGE TOP